BLOG

ホーム > 人工関節・脊椎ブログ > 記事詳細

2018.11.12股関節疾患

人工股関節置換術と神経麻痺

人工股関節置換術と神経麻痺

快適歩行

人工関節・脊椎ブログ 第128

 

128回目のブログ投稿です!

128は、いちにっぱ。

昔、電車の切符の下に載ってる4桁の数字を合計して10にすることを楽しんでいた

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏です。

 

 

 

 

今回のテーマは、

人工股関節置換術と神経麻痺です。

 

 

 

前回のブログ

https://www.setagaya-joint.work/hip-joint/人工股関節置換術と神経障害/

で触れましたが、

 

 

 

人工股関節置換術の合併症のひとつに

神経麻痺があります。

 

 

 

 

手術方法によって損傷を受けやすい神経が変わります。

 

 

後方アプローチの場合は

坐骨神経を損傷する可能性が高くなります。

 

 

前方アプローチの場合は

大腿神経を損傷する可能性が高くなります。

 

 

 

ただ後方アプローチでも大腿神経を損傷したり

反対に前方アプローチでも坐骨神経を損傷する場合があります。

 

 

 

それぞれ

坐骨神経麻痺

大腿神経麻痺と言います。

 

 

実は神経によって回復のしやすさが変わります。

 

 

坐骨神経麻痺に比べて大腿神経麻痺は回復が早い傾向にあります。

 

 

 

大腿神経麻痺は回復傾向が早く、

関節の機能障害があまり残りませんが

 

 

坐骨神経麻痺は回復に時間がかかり

関節の機能障害が残ってしまうことがあります。

 

 

 

ちなみに末梢神経障害にはSeddon分類というものがあり

 

Seddon分類

1)一過性神経伝導障害(neurapraxia)

軸索の断裂を伴わない一過性の伝導障害であり、

原則として数日から数週間,通常 12 週間以内に完全回復する.

肉眼的には正常なことが多く、損傷部位では伝導障害を認める.

 

2)軸索断裂(axonotmesis)

軸索は断裂しているが、Schwann 管および周膜の連続性は保たれている。

軸索はワーラー変性をきたし、Tinel 徴候が出現するが、

内膜は損傷されていないため再生軸索は元の効果器に到達する。

1 週後より 0.5 ~ 2 mm/日の速度で Tinel 徴候が遠位に進行すれば順調な再生と考えられる.

 

3)神経断裂(neurotmesis)

軸索,神経上膜が断裂し肉眼的に連続性が無いか、

あっても瘢痕により軸索の連続性が失われている。

自然回復は期待できず神経縫合術の適応であるが、

ある程度の神経過誤支配は不可避である.

 

Seddon HJ : A classifi cation of nerve injuries, Br Med J1942 ; 2 : 237.239

 

 

実際にどれくらい神経が損傷されたかによって

神経の損傷具合によって回復度合いが変わります。

 

 

損傷の程度が強ければ回復の見込みが薄くなるわけです。

恐ろしいですよね・・・。

 

 

 

 

「あ~、パンツはくの忘れてた・・・」

 

 

 

 

ゆでたまごが好きな

世田谷人工関節・脊椎クリニックの院長の塗山正宏でした。

 

 

 

世田谷人工関節・脊椎クリニック

整形外科・放射線診断科

股関節・膝関節・骨粗鬆症・脊椎

京王線千歳烏山駅から徒歩7分

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-36-6 1F

ご予約・お問い合わせ

~お電話による受付時間~
[月~土] 9:00~11:30、14:00~16:30